• 中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための《補佐計画》
  • 中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための《補佐計画》
  • 中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための《補佐計画》
  • 中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための《補佐計画》



  なかなか言えないのです

「カウンセリング」と聞くと「どこか病気?」というマイナスイメージが日本では多いのです。

名前は聞くけどよくわからない
どんなことをするのか知らない
心の中を話すのは馴染みがない

だからなんでしょう。

中でも経営者は、なかなか心の中を表には出しません。

不安を見せることはできない
悩みを絶対に知られたくない
弱気を悟られたら負けになる

かたくなに硬い鎧で自分を武装しておられる方が多いようです。
という私もその一人でした。

だから、わかります。

思うように売上が上がらず苦しい
社員が育たず動かず辞めてしまう
このままでは資金が足りなくなる




経営者という立場には、さまざまなしんどいことが襲ってきます。

どうすればいいかわからない
やるべきことに迷いできない
不安感で生きた心地がしない
抜け出せない 抜け出せない 抜け出せない

実際にそのような泥沼に入り込んで、もがいていたとしても、
それでも一人で悶々と頭を抱えている経営者は数多いのです。

という私もその一人でした。






  実は 保険と投資なのです

ですが、一方では、
『気付いた経営者』もおられるのです。
それは「頼む」という一歩を踏み出した方です。

つまり、

迷い続けても時間が経つだけ
苦悩してもただしんどいだけ
自力でできることはここまで

など、いったん冷静に割り切る勇気を持たれた方です。
客観的に、一人の弱い人間として自分を見れた方です。
いままでとこれからに線を引くことに気付いた方です。

だからこそ荷物を降ろせるのでしょう。
義務感や責任感に押しつぶされる前に、
心の専門家に相談することを選びます。

カウンセラーに話をすることが何よりもベストな選択だと。
そう気付き、頼みます。





経営者がカウンセラーに話をすることは、
ただ単に、悩みを吐き出して楽になるということだけではありません。
経営者という立場ゆえ、誰にも相談ができなかった問題も、
相談するということで整理整頓してクリアにできるのです。

それに、自分自身が倒れてしまうことが最悪で一番のリスクですから。
つまり、カウンセリングこそ何よりも大きな保険であり投資なのです。






  大きな 大きなきっかけに

私自身、さまざまな悩みがありました。
そのたび一人だけで抱え込み、不安に飲み込まれそうになりながら、
でも、ビジネスの世界では誰にも1ミリも見せることができません。


苦しい。

眠れない。
もう心が折れる。。。

そんなとき、たまたまカウンセラーと話をする機会があったのです。
まったくの偶然でした。
ですが、それが大きな大きなきっかけになったのです。


もちろん勇気が必要でした。
経営者という立場上、他の人に心の中を話すことに恐れはありました。
プロといえど、悩みを相談することのハードルは本当に高かったです。

でも一歩だけ、
いや半歩だけ、
ただ素直になって、話してみました。

一度だけ、専門家の力を頼りました。
ワラをもつかむ、必死の思いでした。


だからこそ、
正直に、そして本気でいいます。

絶対に頼ってください。






  「補佐官」の力は最強です

それまで、自分ではまるでわからなかったこと、
まったく気付かなかった新しい選択肢が、ふいに現れました。
まさに『目からウロコ』でした。

どうしようもない、もうダメかもしれない、と思っていたことが、
なんとかできるぞ、チャンスはここからだ、に変わっていくのです。
自分自身、唖然としました。
そして、プロの力を思い知りました。


答えは必ずあります。
間違いなくあります。

大丈夫です。


カウンセラーと呼んでもいいのですが、
サポーター、アドバイザーのほうがしっくりくるかもしれません。

いや、
『あなたの仕事や個人を本気で助けてくれる陰の声』
そうですね、補佐官がふさわしいと思います。





経営上のことだけではありません。
仕事以外のことこそ、すべてに影響を及ぼすことも多いのです。
個人的な問題、プライベートの悩み、知られたくないモヤモヤ、
どんな小さな迷いと思っていても、どれほど些細な心配と考えていても、
それらがどんどん大きな重荷になり、仕事に支障をきたします。

話す相手は心の専門家です。
でも、すぐに自分をさらけ出すことは簡単ではありません。
だからゆっくり、少しずつ、自分のペースで。






  一度だけ『頼って』みてください

日本では「カウンセリング」の認知度はまだまだ低いです。
アメリカではむしろその逆。
優れた経営者に専属カウンセラーがいることは当然のこと。
カウンセラーに頼らないと、かえって能力不足で無責任な経営者と思われるくらいだそうです。

結局、仕事の問題やプライベートの悩みなどで貴重な心や時間を割かれ、
日々の適切な判断や大切な決断ができなくなるのは本当にもったいない。
あげく、ビジネスがうまくいかなくなれば(きつい言い方ですが)経営者失格でしょう。



プロは、さすがプロです。
ここで、専門家に「頼む」という割り切る一歩が大きく道を変えると思います。
心に、身体に、金銭に、大切な時間にも、結果的に確実に効率的なのですから。

そこに気付いた経営者こそ、補佐官がどれほど大切な役割かを理解しています。


だからこそ、
正直に、そして本気でいいます。

絶対に頼ってください。



















  なかなか言えないのです

「カウンセリング」と聞くと「どこか病気?」というマイナスイメージが日本では多いのです。

名前は聞くけどよくわからない
どんなことをするのか知らない
心の中を話すのは馴染みがない

だからなんでしょう。

中でも経営者は、なかなか心の中を表には出しません。

不安を見せることはできない
悩みを絶対に知られたくない
弱気を悟られたら負けになる

かたくなに硬い鎧で自分を武装しておられる方が多いようです。
という私もその一人でした。

だから、わかります。

思うように売上が上がらず苦しい
社員が育たず動かず辞めてしまう
このままでは資金が足りなくなる




経営者という立場には、さまざまなしんどいことが襲ってきます。

どうすればいいかわからない
やるべきことに迷いできない
不安感で生きた心地がしない
抜け出せない 抜け出せない 抜け出せない

実際にそのような泥沼に入り込んで、もがいていたとしても、
それでも一人で悶々と頭を抱えている経営者は数多いのです。

という私もその一人でした。






  実は 保険と投資なのです

ですが、一方では、
『気付いた経営者』もおられるのです。
それは「頼む」という一歩を踏み出した方です。

つまり、

迷い続けても時間が経つだけ
苦悩してもただしんどいだけ
自力でできることはここまで

など、いったん冷静に割り切る勇気を持たれた方です。
客観的に、一人の弱い人間として自分を見れた方です。
いままでとこれからに線を引くことに気付いた方です。

だからこそ荷物を降ろせるのでしょう。
義務感や責任感に押しつぶされる前に、
心の専門家に相談することを選びます。

カウンセラーに話をすることが何よりもベストな選択だと。
そう気付き、頼みます。





経営者がカウンセラーに話をすることは、
ただ単に、悩みを吐き出して楽になるということだけではありません。
経営者という立場ゆえ、誰にも相談ができなかった問題も、
相談するということで整理整頓してクリアにできるのです。

それに、自分自身が倒れてしまうことが最悪で一番のリスクですから。
つまり、カウンセリングこそ何よりも大きな保険であり投資なのです。






  大きな 大きなきっかけに

私自身、さまざまな悩みがありました。
そのたび一人だけで抱え込み、不安に飲み込まれそうになりながら、
でも、ビジネスの世界では誰にも1ミリも見せることができません。


苦しい。

眠れない。
もう心が折れる。。。

そんなとき、たまたまカウンセラーと話をする機会があったのです。
まったくの偶然でした。
ですが、それが大きな大きなきっかけになったのです。


もちろん勇気が必要でした。
経営者という立場上、他の人に心の中を話すことに恐れはありました。
プロといえど、悩みを相談することのハードルは本当に高かったです。

でも一歩だけ、
いや半歩だけ、
ただ素直になって、話してみました。

一度だけ、専門家の力を頼りました。
ワラをもつかむ、必死の思いでした。


だからこそ、
正直に、そして本気でいいます。

絶対に頼ってください。






  「補佐官」の力は最強です

それまで、自分ではまるでわからなかったこと、
まったく気付かなかった新しい選択肢が、ふいに現れました。
まさに『目からウロコ』でした。

どうしようもない、もうダメかもしれない、と思っていたことが、
なんとかできるぞ、チャンスはここからだ、に変わっていくのです。
自分自身、唖然としました。
そして、プロの力を思い知りました。


答えは必ずあります。
間違いなくあります。

大丈夫です。


カウンセラーと呼んでもいいのですが、
サポーター、アドバイザーのほうがしっくりくるかもしれません。

いや、
『あなたの仕事や個人を本気で助けてくれる陰の声』
そうですね、補佐官がふさわしいと思います。





経営上のことだけではありません。
仕事以外のことこそ、すべてに影響を及ぼすことも多いのです。
個人的な問題、プライベートの悩み、知られたくないモヤモヤ、
どんな小さな迷いと思っていても、どれほど些細な心配と考えていても、
それらがどんどん大きな重荷になり、仕事に支障をきたします。

話す相手は心の専門家です。
でも、すぐに自分をさらけ出すことは簡単ではありません。
だからゆっくり、少しずつ、自分のペースで。






  一度だけ『頼って』みてください

日本では「カウンセリング」の認知度はまだまだ低いです。
アメリカではむしろその逆。
優れた経営者に専属カウンセラーがいることは当然のこと。
カウンセラーに頼らないと、かえって能力不足で無責任な経営者と思われるくらいだそうです。

結局、仕事の問題やプライベートの悩みなどで貴重な心や時間を割かれ、
日々の適切な判断や大切な決断ができなくなるのは本当にもったいない。
あげく、ビジネスがうまくいかなくなれば(きつい言い方ですが)経営者失格でしょう。



プロは、さすがプロです。
ここで、専門家に「頼む」という割り切る一歩が大きく道を変えると思います。
心に、身体に、金銭に、大切な時間にも、結果的に確実に効率的なのですから。

そこに気付いた経営者こそ、補佐官がどれほど大切な役割かを理解しています。


だからこそ、
正直に、そして本気でいいます。

絶対に頼ってください。







 

 
ご予約 メールフォーム



代表補佐官のご紹介
「私も 実はそうでした」
費用・料金のご案内

 守秘義務について
 会社概要
 プライバシーポリシー
代表電話 050-3777-8572
9:00~17:00(月~金)
9:00~12:00(土)
詳しくは

経営者メンタル支援スペシャリスト 経営者個別シークレットサポート 経営者パーソナルアドバイザー
中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための 《補佐計画》
     ご予約受付 メールフォーム




代表補佐官のご紹介
「私も 実はそうでした」
費用・料金のご案内

会社概要
守秘義務について

プライバシーポリシー
代表電話 050-3777-8572
9:00~17:00(月~金) 9:00~12:00(土)
詳しくは

経営者パーソナルアドバイザー 経営者個別シークレットサポート 経営者メンタル支援スペシャリスト
中小企業経営者様 / 個人事業主様 のための 《補佐計画》